nishiogi


house
ongoing




西荻窪の住宅地に設計している小さな家。私道の突き当りにある旗竿地でとても奥まっている。南北には風の通りが良く、東西は隣家が迫っていたが、東側の家の青い外壁がとても印象的だった。


家主は大の本好きで、ジャンルを問わずさまざまな本が家のあちこちに並べられ、時に積まれている状態であった。西荻窪という土地でその量はさらに増えることが予想された。無言の背表紙たちが、小さな生活風景の片隅で、壮大な物語や世界を内包している様を想像した。本棚の中は暗闇のようであり、住宅の外でもある。ということは、本棚はこの家にとって1つの窓なのかもしれない。


一方、都内の住宅地で現実の窓はそう大きくはとれない。細長い敷地のため、建物もその形に従うことになる。木造の制約上、短辺に大きな開口を作るのには限界があるということ、長辺は隣家と距離がとれないこと、準防火地域であることなどから、1つ1つの開口はどうしても小ぶりなものとなった。そのため小さな開口をふつうの家よりも少し多めに、四方の壁だけでなく、天井や床にも開けた。


本物の窓と本棚の窓が、いろんな方向にいくつも並んでいるような風景が想像できた。食事をする場面、ソファでくつろぐ場面、家から帰ってきたときの場面、お風呂からあがって一息ついた場面・・・さまざまな場面に、小さな窓たちが外の世界を引き連れて、じっとそこに息を潜めている。そのような家を目指している。





The owner of this house is a book-lover, and books of all kinds are ranged around its rooms, sometimes stacked in tall piles. Moreover, the collection is likely to grow further. I imagined that these silent spines tucked away in the corner of a little scene from life contain magnificent stories and spectacular worlds. In the bookshelves they sit in the darkness, harboring realms beyond the dwelling. In this sense, perhaps the bookshelves serve as windows for the house.



At the same time, it is actually hard to have large windows in residential areas in Tokyo. Since each aperture is inevitably small, we incorporated slightly more windows compared to a regular house and positioned them not only on the four walls, but also in the ceiling and the floor so that the space did not feel cramped.


Many windows, both real and in the form of bookshelves, are ranged across surfaces in different directions. In various daily scenes—eating meals, relaxing on the sofa, coming home, taking a breath on exiting the bath—these small windows quietly await discovery and bring in the outside world.

2022-01-12


←back
Suzuko Yamada Architects, Inc. Tokyo, JAPAN